● スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
● 【七宝】文月:七夕祭 

/ 冷たいもん食って腹こわした事ってねぇなあ \



わぁ、またもやすごくブログ放置でした…!
七宝水無月お疲れ様でした。
共闘もさせていただけて楽しかったです!
銀家の戦いも見逃せない展開ばかりで本当に熱い一ヶ月でした!

今月はひとまず七夕祭へログインです。
露草は季節とかいろいろ…と、花言葉をお借りしたかったのでした(・ω・` ):::

ログインついでにちらりと過去について触れてみました。
いままで参加した企画ではキャラの過去設定は後付だったのでせっかくだしーと思ったら思った以上に重かったです…描き慣れない…!
獏で昏倒させなかったのは幸せな夢を描ききれる自信が無かった事も大きいですオロロロ
七夕祭は元気にうろうろもぐもぐしてるはずなのでお会いした際は仲良くしてやってください(´▽`*)
ちらりと過去の事に触れたのでぽつりと。

母親は父親の祟り化によって致命傷を受けて、影を目指す我が子にとどめを刺せと言ったのは琉焔を子としてではなく影として扱った…つもりで描きました。
その直後に琉焔は影屋敷に。
以来13年影として生きています。
祟り化した父親については、もうどこかで誰かに祓われてると思う反面探したい気持ちもあったりなかったり。
だからこそ見つけた時に、
自分では祓う事ができない=舞手に頼まないといけない=舞手に自分の身内の分の穢れを負わすことに…
とかで守るってなんだろうってなっていた状態です。
すでにもう元通りで七夕祭に向かっちゃってますがっ

過去の事は秘密にしているわけでも無いので長くお仕事してる方は知ってるかもしれません。
さすがに自分から進んで話す内容ではないのですがどこかではぽつぽつ洩らしてたり。
基本的にポジティブ思考な気がするので話の最後には笑っちゃってそう。


琉焔が七夕祭の短冊に書く願いを交流画内ではっきりと出すことは無いです。
はっきりした目標のようなものじゃなくて漠然とした事書いてそうな…
一志様の事があって、松葉さんの事があって、落ち込む事もあったけどやっぱり前向きに生きるしか幸せは掴めないのかなあって。
とにもかくにも皆さんの願いが叶いますようにーーー!
スポンサーサイト
 







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。